ガラスにヒビが入ったら修理して安全な日々を守るべし

住宅のポイント制度

省エネ住宅ポイントの既存住宅購入加算

省エネ住宅ポイントの既存住宅購入加算は、窓の断熱改修、外壁、屋根・天井、床の断熱改修、設備エコ改修などの工事とあわせて行うことが条件になります。 その対象となるのは、2014年12月27日以降に売買契約を締結した中古住宅で、建築年数には制限がありません。売買契約締結日から3ヶ月以内にエコリフォームの工事請負契約を締結した場合にポイントが発行されます。 こうしたポイントを上手に活用することで、リフォームの費用を抑えることができます。

ポイント発行の仕組み

既存の中古住宅を購入することで発行される省エネ住宅ポイントは、他のポイント対象工事などによって発行されるポイント数と同じだけのポイント数となります。ただし、10万ポイントが上限となります。 たとえば、他のリフォームによるポイント数が5万ポイントであれば、この既存住宅購入加算のポイント数は5万ポイントになります。他のリフォームによるポイント数が10万ポイントを超えた場合には、10万ポイントが既存住宅購入加算として加算されます。ただしこのとき、全体の上限は30万ポイントです。 こうした省エネ住宅ポイント制度は、2014年度補正予算によって実施され、省エネルギー性の高い住宅の新築やエコリフォームの普及を目指しています。そのため、この機会での積極的な活用が求められます。